博士以前

人間です

夏の終わり

もうすぐ8月が終わる。まだまだ昼間は暑いが、今日の夕方は涼しい風が吹いて少しずつ秋が感じられるようにもなってきた。 ということで、今年の夏を振り返りたい。

C言語

唐突にプログラミングを勉強したくなった。いつもはPythonやJuliaのような高級言語を使っているが、Cのような低級の言語でプログラミングの基礎的な勉強をしてみたいと思ったからだ。 読んだ本は昔アマゾンで100円くらいで買ったこれ。

C言語プログラミング (Computer Science Textbook)

C言語プログラミング (Computer Science Textbook)

本文を読んで、気になった箇所を自分で再現しながら、面白そうな練習問題も解くという感じで進めた。Cは人のコードを微小変形するくらいならできるので、最初の方はスラスラ読めた。 この本で一番面白かったのは、12章のデータ構造の部分で、連結リストや binary tree のような構造をポインタを駆使して動的なオブジェクトとして作っていく。 普段 Python とかを使っていると全く気にしないが、メモリ上でどのように各要素が繋がって生成・消滅しているのかを意識できたのは面白かった。 まあ作るのが大変なので、やはり実際に使う場合はライブラリに頼るのだろうけど。

ライフログ

なんとなくの思いつきで毎日の記録をつけることにした。かしこまった日記のような形態にすると続かなそうなので、メモ用のWebサービスを使った。

scrapbox.io

研究のメモや技術的なメモをつけるのにも使ってみている。 ログを取ることで何かが変わるのかはわからないが、5年後くらいに見返してみたら面白いかもしれない。

音楽

ナンバーガールを見にわざわざ札幌まで行ったのに台風で中止になってしまってとても残念だった。 しかし二日後の野音のチケットもあったので、そうでない人たちに比べれば傷は浅い。 札幌では安くて良い岩盤浴があったので楽しかった。

ナンバーガール野音ライブは本当にすごかった。終演直後は放心状態で、日比谷公園のベンチから立ち上がれなかった。 今でもあの時の感情を言葉でうまく説明するのは難しい。でもそれで良いのだと思う。簡単に言葉で説明できるようなものなら、わざわざ音楽という形で摂取しなくても良いのだから。

これから

秋になるといよいよD論だなという感じになってくる。その前にもう一つ論文を書いておきたいのだが、自分がやる気を出さないと進まないのでどうなるかわからない。

最近お酒に弱くなった気がする。飲み会はお金もかかるので、自分で適切なラインをコントロールするようにしたい。